スムーズに効率よくおこなうためのコツを知ろう

上京が決まったら

トラックの模型

早めに行動しよう

春になると引越しシーズンに突入し、不動産屋さんも引越し屋さんも多忙になります。最近では人手不足で「引越し難民」になる人が急増しているといいます。引越し難民とは、引っ越したくても業者がいなくて引っ越せない人達のことです。ただでさえ人手不足な業界ですが、春は一気に需要が高まるため、供給する数が圧倒的に少なくなってしまうのです。引越し難民を回避するためには、やることを早めに決めて先手を取って行動することです。例えば進学や就職などで上京することが決まったなら、何より先にやることは引越し会社を決めることです。荷造りは決まったあとからでもできるので、とにかく会社に連絡をして希望する日時の予約をいれておくことが大切です。3月に上京するなら1月あたりから予約をしておくのがおすすめです。引越し会社が決まったらやることは、引越しをする日まで荷物をまとめておくことです。当日までにやることを済ませておかないと、せっかく予約をしておいたのに引越しができない事態に陥る場合もあるので注意が必要です。荷造りはなるべくコンパクトにして最小限に抑えると、費用の負担が減ります。いらないものはゴミとして処分し、売れそうなものはリサイクルに出すと意外な高額になるケースがあります。不用になった中古家電は家電リサイクル法に基づいて処分する必要があります。購入した家電屋さんに連絡をすれば引き取ってくれますし、購入したところがわからないなら住んでいる市役所に連絡をすれば引き取ってくれます。