スムーズに効率よくおこなうためのコツを知ろう

転居が決まったら

家族

沢山あるやるべきこと

新しく住む家が決まったら、なるべく早いうちに本格的に引越しをする準備を始める必要があります。とにかく引越しに関してはやることが沢山あり、ぼやぼやしているとあっという間に時間が経ってしまうからです。大事なやることをいくつかリストアップすると、市役所での転居の手続き、光熱費などのライフラインの使用停止手続き、引越し業者選びなどがあります。また、賃貸物件から退去するなら大家さんへの早めの退去の申し出も重要なやることです。退去の手続きの期限については、賃貸借契約で決められています。決められた期限よりちょっとでも退去の申し出が遅れてしまうと、余分な家賃を支払うはめになる場合があるので注意が必要です。市外に引越しをするならやることの一つが住民票の変更です。まずは、市役所の窓口に転出届けを出して転出証明書を交付してもらいます。転出証明書は新しい家がある市役所の窓口に転入届を出すときに必要です。ライフラインの手続きについては、電気なら電力会社、ガスならガス会社に連絡して指示を仰ぐことです。ガスの場合は使用停止に際してガス会社の社員の立会いが必要になるので、引越しをする日までに都合のいい日時を決めてスケジュールを空けたおく必要があります。マイカーで運べないほど大量の荷物は、引越し業者が運搬してくれます。一人暮らし向けやファミリー向けなど、それぞれの業者で得意分野があるので、ネットで自分にぴったりなプランを探して見積もりを取っておくとスムーズに引っ越せます。