スムーズに効率よくおこなうためのコツを知ろう

予約に関して

男女

昔より予約が取りづらくなっています

引越ししたくてもできない人のことを「引越し難民」と言いますが、それ程今は予約がしにくい状態になっています。理由として、業界の働き方改革が影響していて、昔は1日5件対応していた業者が今では一日3件程度しか対応しないこともあります。人が足りないのであれば、求人をかければいいと思うかもしれませんが、業界自体で深刻な人材不足が長期間続いているのが現状です。現場を指揮する人を育てれば作業数を増やせますが、現場リーダーはやることが多く、すぐに育てることができないのでこの状況は暫く続くと予想できます。難民が生れる理由として、引越し料金の上昇があり、ピーク時とオフシーズンは料金が2倍違うと言うことも珍しいことではありません。また働き方改革や人材不足の影響もあって、2016年と2018年を比べた場合、費用が1.7倍以上を記録した地域もあります。オフシーズンに調べた引越し価格で、翌年のピーク時に引越しできると考えていた人が、お金を用意できずに業者に依頼できないと言う事態も発生しているのが現状です。難民にならないためにやることは、まずは引越しをする日を早期に特定して、業者の手配を早めに行うことになります。目安として、閑散期の場合は3週間から1か月程度前まで、繁忙期は1か月前から2か月前程度にするのがいいでしょう。その後のやることとしては、料金を少しでも安くするために、一括見積もりサイトを利用することをおすすめします。費用の方は会社によって異なり、一括見積もりをした結果10万円安くなることもあるので、やることとしては外せないと言えます。引越し費用を少しでも安くすることにより、お金を用意できないので引越しできなかったと言う、事態を防ぎやすくなります。